変化している

重ねた札束

弁護士は法律のプロですが、その費用や利用方法も年々変化してきています。特に最近では相続に関するトラブルで弁護士を利用する人が増えてきており、高齢化が進む中で今後も相続問題は増えていくと言われています。

Read more

スムーズに進める

説明する男性と女性

離婚するときには相続や親権など、夫婦間で様々なトラブルが発生するので、話が進みにくいと言われています。話がまとまらないと裁判になる場合もあるので、離婚問題が大きくなりそうならば弁護士に相談しておくのが良いでしょう。

Read more

変化している

ヘッドセットをした笑う女性

グローバル社会が進むにつれて、国をまたいで会社の移転が多くおこなわれるようになってきました。海外で起業するという人や、海外に進出する場合は長期的に考えて移転価格などについて理解を深めておくのが良いでしょう。

Read more

相続の際は

ほほえむ老夫婦

相続するときには、様々な手続きが必要となり、法律や税金も絡んでくるので専門家に相談するのが良いでしょう。相続について相談できる専門家は弁護士を始めとして税理士や司法書士、行政書士などがあります。

Read more

料金システムを知る

案内する男子

相続相談をするならまずはこちらから診断を!出た結果を元にスムーズな流れで相談を行えますよ!一度チェックしてみましょう。

 相続問題を解決するために弁護士の相続サポートサービスを利用する人がたくさんいますが、気になるのがその料金です。弁護士は、広範な包括代理権を有する法律の専門家ですので、その利用料金は決して安くはありません。ただし、他の専門職を利用した場合のように、依頼できる業務内容にほとんど制限を受けないというメリットがあります。どのような局面に陥った場合にも、一貫して代理人になっていてもらうことができますので、高い料金を支払ってでも利用するだけの意味があります。相続問題で弁護士を利用した場合の料金は、まさにケースバイケースとなっているのが実情です。ただし、あえて相場価格のようなものをあげるとすると、着手金と報酬金の合計額が100〜200万円前後になっているケースが多いです。

 弁護士の料金は、各事務所が自由に決めてよいことになっていますので、どの事務所を利用するかによって、請求される金額に大きな違いが生じてくることになります。具体的にどのような費用が発生するのかというと、相談料、着手金、報酬金、実費の4種類に分けることができます。着手金というのは、実際に事件を依頼した際にまず支払う費用のことです。一方、報酬金といのは、事件が解決した際に、依頼者が得ることができた利益の額に応じて支払われる金銭です。ですので、着手金は必ず発生しますが、報酬金は発生しないケースもありえるということになります。相続問題で弁護士を利用する場合ですと、争いの対象になっている遺産額の何%といった形で着手金や報酬金の額が決められるようになっているのが普通です。

多くの人に当てはまる

笑顔のビジネスマンの男女

相続するときに、遺産によっては手続きがややこしくなる場合もあり、残された遺族間でのトラブルも発生しやすいので、事前に専門家に相談しながら相続における取り決めをしておくことが大切です。

Read more