スムーズに進める

説明する男性と女性

夫婦が離婚する場合、お互いが話し合って納得し、円満に別れるということもありますが、どちらか一方が離婚を拒否するというケース、あるいは離婚をしてもいいが条件を満たさないと駄目だと言って簡単には応じないケースがあります。 こういったケースで相談すべき相手としては自分の親、あるいは相手の親がいますが、親というのは夫婦からかなり近い立場なので、相談することで余計にこじれる場合があります。 なので、出来るだけこじらせることがなく、離婚をしたいという場合は、弁護士に相談をした方がいいです。弁護士は離婚問題に解決に対してどのような役割を果たすかというと、夫、あるいは妻の代理人となって相手の窓口になってくれます。すると、夫婦が直接離婚について話さずに済むので、冷静に離婚を進めることが可能になるのです。

弁護士が入ることで、冷静な話し合いが可能になり、すんなりと別れられるケースもありますが、どちらかが応じないまま、調停、あるいは裁判に持ち込まれるケースもあります。 調停というのは、裁判所内で調停委員という第三者を挟んで夫婦で話し合いを行うというものです。調停委員は、夫婦のどちらにも荷担をせずに、中立の立場で話し合いに参加します。調停で、弁護士が出来ることはほとんどないと言ってもいいです。依頼人の代わりに参加するということは出来ますが、調停では本人が参加した方がいいと言われています。 ただ、調停でも話がまとまらなかった場合は裁判ということになるので、裁判の専門家である弁護士と連絡を取っておいた方がいいです。