変化している

ヘッドセットをした笑う女性

移転価格は関連会社の間の各種国際取引において設定される価格の事で、移転価格は経済のグローバル化が進み、企業の経済活動が2国以上にまたがって行われるようになるとその企業の活動によって得られた所得に対してそれぞれの国が課税権を主張しあうようになってくるので、課税権の競合による国際的な二重課税の発生は人や物、金銭の国際間の移動の自由を制限するものとなりました。 移転価格の定義は、一方の関連者が他方の関連者に商品などを移転する場合に付される価格の事で、移転価格は市場などで決定される価格とは無関係に設定ができる事になっています。 移転価格次第ではその所得が生じた国の税収などにも影響を及ぼす事になる可能性があるとも言われています。

移転価格は仕入れを親会社が行い、親会社が海外子会社に移転を行う時に価格設定が行われ、日本でもこれを行う事により、二重に課税が行われてしまったりする事が無いようにしている企業も多く、今後は移転価格についての知識を持っている事でより経営面で有利になるように移転価格の設定などを行う親会社の企業も増加する可能性が大きいでしょう。 課税についての細かい事柄が理解できないという場合でも、そうした分野について強い税理士事務所などでの相談を行えば、移転価格についての疑問を解消したりする事が可能ですので、二重課税などを避けたい場合にもまずは日本の税理士に相談を行うと、適切な対処方法などを教えてもらえる事が予測できます。