多くの人に当てはまる

笑顔のビジネスマンの男女

相続と言う言葉を聞いてもどこか他人事のように感じる方もいらっしゃるかもしれません。ごく普通の家庭に生まれ育ったし、祖父がなくなったときもそんな話なんてしてなかった気がするけど。なんて思われている方ももしかしたら相続で頭を抱える日がやってくるかもしれません。 なぜそうなるかと言えば親の土地建物を相続する場合、子供には基礎控除がありますが税制改正により基礎控除額が縮小されるからです。又昨今の少子化により頭割りも減りました。バブルの頃に比べれば安くなったとはいえ都心などでは土地の値段は高く評価されるでしょう。 親が元気な今相続についてあれこれ考えるのは不謹慎だとか言っている場合ではないかもしれません。皆が元気なうちにきちんと専門家に相談すべきでしょう。 とは言え相談する相手さえわからない方もいらっしゃるのでは。土地の名義変更であれば司法書士に、もし相続税が発生するなら税理士にも、口座の凍結を考えると金融機関への相談も必要かもしれません。1か所で相談できないものでしょうか。 その悩みも今は解決することができます。相続全般を請け負う会社も多数あります。

両親のいずれかが亡くなった場合、おおざっぱに言うと配偶者が遺産の半分を受け取り残りの半分は子供で均等に分割します。お金であればきっちり1円単位で分けることができるでしょうが土地の場合分割するとなると大変です。誰かが一括で土地を譲り受けた場合、残ったものはお金で受け取るとしましょう。その場合は土地の評価額を考慮したり、土地の売却となればより一層複雑になることでしょう。そうなると司法書士だけ、税理士だけなど一人の専門家では手に負えない事態も考えられます。 ぜひ冷静に判断できる今のうちに一番有利な相続方法を相談されてはいかがでしょうか。生前贈与を少しづつすすめて行くことが得策だとよく言われます。土地建物も売却か賃貸に出すか家族が移り住むかによって税金が変わります。相続とは親が亡くなってから考えるのではなく、元気なうちに相続相談センターなどでアドバイスを受けるべきではないでしょうか。 今は無料でメールや電話相談を受ける業者も多数あります。そういった専門業者のサイトをご覧になることからはじめてみてください。