相続の際は

ほほえむ老夫婦

 相続が発生した際に、自分で手続きを全部しようとはせず、専門家が提供する相続サポートサービスを利用する人が多くなってきています。相続関係の手続きの中にはかなり複雑なものがあります。役所に対する届出程度であれば、専門的な知識を持っていない人であっても、それほど苦労せずに行うことができます。でも、相続税の申告手続きや裁判所の手続きなどについては専門家の手を借りるようにするのが得策です。裁判所に対する手続きをオールマイティにこなすことができるのは弁護士です。ですので、相続放棄や遺言書の検認手続きの代行を依頼したいと考えている人は、弁護士に相談するとよいでしょう。一方、税務業務については税理士の独占業務となっていますので、納税手続きを全部任せてしまいたいと希望している場合には、税理士に相談する必要があります。様々な専門家がサービスを提供していますが、目的に応じて相談する先を選び分ける必要があります。

 相続関係の相談サービスを提供している専門家としては、弁護士、税理士、司法書士、行政書士などをあげることができます。いずれの資格も国家試験に合格しないと取得することができませんので、皆それぞれの業務分野に関する専門知識を豊富に有しています。一般の人が相続手続きに関する知識を十分に持っているケースは稀ですが、専門家のサポートを受ければ、スムーズに手続きを進めることができます。しかし、気になってくるのがその料金です。一番手数料が高いのは間違いなく弁護士です。反対に一番安い料金で利用できるのは行政書士ですが、料金だけで利用する専門家を決めるわけにはいきません。職種によって、取り扱える業務内容が異なっていますので、自分が受けたいサービスを提供している専門家を選ぶようにする必要があります。